合格体験記 〜本原講師より〜

こんにちは、現在名大医学科1年で、講師の本原です。

今回は合格体験記ということで、僕の受験についてと、これを読んでくれている受験生の皆さんへのメッセージなんかを書いてみます。

僕は高校に入学した頃には既に志望校を名大医学科と決めていました。医学の基礎研究を行う研究医になりたいと思っていたからです。
ご存じかもしれませんが、名大は全国の医学部の中でも特に研究医を養成することを重要視している大学で、MD・PhDコースという医学研究者を育てる特別な進路もあります。研究医を志望する僕にはちょうど良い進学先だったわけです。

しかし最後までまじめに勉強することはなく、微妙な学力のまま受験し、返り討ちに遭いました。
それでも研究医以外の進路は考えられなかったので、浪人することになりました。

経済的な理由で予備校に通うのは難しかったので、宅浪になりました。まず自分のレベルを確認し、合格するためにはどの科目をどれだけ伸ばす必要があるかを逆算してみました。それからいつ何をするか計画・実行し、その都度評価して、その後の計画にフィードバックしていきました。
基礎はできていたので、少し難しめの問題を解きながら思考力や応用力を身につけていきました。国語が苦手でしたが、解説をじっくり読んで、どうすれば正解にたどり着けるのかを学んでいくうちに、国語もそれなりにできるようになりました。現役時より自由に使える勉強時間が増えたおかげで、本当に自分に必要な勉強をできたんだと思います。

その結果、2度目の挑戦は自信を持って望むことができ、合格しました

今思うと、現役時の勉強は、やっている気になっていただけで大したことをしていなかったな、と感じます。
皆さんの中にも、頑張っているのに結果がなかなか出ないと悩んでいる人がいるかもしれません。その時は、現在地から合格までの大きな座標系の中に自分を置いて、客観的に分析してみることをオススメします。

自分がするべきことがわかれば、後はそれをするだけです。簡単ですよね(笑)。分析、計画、実行、評価のサイクルは、大人になって仕事を始めてからもずっと繰り返すことです。将来の練習だと思って、やってみてください。
そして、皆さんが志望校に受かるかどうかは、結局のところ皆さんの頑張り次第です。僕は皆さんの頑張りが効率良く結果に結びつくよう舵取りをするだけです。
合格した自分をイメージして、頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。