春休みにすべきこと!

こんばんは。講師の星野です。

今日は国立大学の2次試験の2日目ですね。ほとんどの大学で医学部は面接があるので試験は2日間か3日間です。ちなみに名古屋大の場合は国語があるため3日間です。

さて、高校1、2年生は学年が1つ上がり新高3生は受験生となります。そこで今回は春休みにすべきことを話したいと思います。

まず、志望校を決めましょう。受験は志望校の対策した者が制すると言っても過言ではありません。志望校の過去問をじっくり研究し過去問に合わせた勉強法が必要です。数学を例にあげると志望大学が確率と微分積分を毎年出題しているなら今年も出題する可能性は高いです。ならば、その2分野を重点的に対策すればいいのです。また、早い段階で勉強すべきことがはっきりすると気持ちにも余裕が生まれると思います。

次に大まかな年間スケジュールを立てましょう。例えば、A4の紙を一枚用意して教科別に計画を書きます。6月までに青チャートを終わらせる、シス単を夏休みまでに覚えるなど出来るだけ詳しくどんどん書いていきましょう。後々変更することになっても構いません。合格に向けてやるべきことをはっきりさせるのがこの作業の最大の目的です。ゴールが見えないまま走り続けるのは辛いですよね。それと同じです(笑)  (編集者注釈:星野講師は長距離ランナーです。)

高校1年の段階だと志望校はまだ分からないという人も多いと思いますが、出来るだけ早く現段階での志望校を決めること勧めます。志望校がないと、どうしても中だるみしてしまうこともあるからです。新高3生は必ず志望校を決めてください。目標を定めた方が集中して勉強しやすいと思います。

メッドエースでは合格に向けた学習指導はもちろん計画の作成も行なっています。勉強計画の立て方が分からないという方はメッドエースにご相談ください。第一志望合格に向けて一緒に頑張りましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。