本庶佑先生がノーベル賞を受賞されました!!

こんにちは。

教務担当の加藤です。

先日、ノーベル医学生理学賞の発表がありました。

日本人の、本庶佑先生が受賞され、日本中が湧いていますね!!

 

受賞理由は?

よく勉強されている皆さんなら、ご存知のことと思いますが、
本庶先生の主な受賞理由は、PD-1の発見です。

PD-1の発見の、すごいところは、がん治療に役立っていることです。

 

 

では、PD-1とはなんでしょうか。

 

当たり前ですが、みなさんの体は、種々の細胞から構成されています。

その中に、免疫細胞という種類の細胞たちがいます。

 

免疫細胞は、体内に侵入して病気を引き起こす、細菌やウイルスと戦ってくれます。

また、免疫細胞は体内のがん細胞とも戦おうとします

 

 

しかし、免疫細胞たちは、時々、自分自身の細胞を攻撃してしまったり、過剰に活性化して病気を引き起こしたりします。

そういうときのために、免疫細胞にブレーキをかける機能が、存在します。

 

そのブレーキがPD-1です。(ブレーキペダルのようなものだとイメージしてみてください

PD-1は、免疫細胞(特にT細胞という免疫細胞)の細胞膜に存在し、

PD-1というブレーキペダルが踏まれると、免疫にブレーキがかかります。

 

このブレーキPD-1のおかげで、免疫細胞は必要以上に活性化しません。

 

ただし、がん細胞は、このブレーキペダルPD-1を踏む能力があります

がん細胞に、ブレーキペダルPD-1を踏まれた免疫細胞は、がん細胞を攻撃できません

 

そこで、がん細胞に、ブレーキPD-1を踏ませないようにする薬が、

オプジーボです。

 

がん治療薬オプジーボによって、ブレーキを解除された免疫細胞は、

がん細胞を攻撃できるようになります

 

がん治療薬オプジーボは、従来、予後の悪かったがんに対しても、効果がみられています

 

このように、PD-1の発見は、がん治療をはじめとして、

医学に多大なる貢献をしたのです。

 

次回のブログでは、本庶先生の言葉や、医学研究について、

私の考えるところを書いていきたいと思います。