必勝!センター試験対策!!

こんにちは!

 

教務の加藤です。

 

受験生の皆さんは、センター試験まであと1か月を切りましたね!

高1,2生の皆さんは、あと〇年と1か月でセンター試験です。

勉強のほうは順調でしょうか?

 

中には、本番で目標の点数がとれるかどうか、不安に感じている人もいるかもしれません。

 

そんなあなたに!!

センター試験の神と呼ばれた私が、(ホントは呼ばれたことはないw)

センター試験残り1か月勉強法をお伝えしましょう!!

受験生でないあなたにも、役立つ内容盛りだくさんです

(読んでね)

 

ポイントは3つです。

 

①過去問はタテにやる

センター試験で大切なのは、やっぱり過去問!!

その証拠に、過去問から同じ問題が何度も出題されています。

 

ところで、受験生の皆さんは、過去問をどのように解いていますか??

 

私のおススメの解き方は、タテに解くことです。

タテに解くというのは、ある分野だけ集中的に解いていくことを指します。

 

 

たとえば、あなたが数学ⅠAの「確率」分野が苦手だったとします。

その場合は、

2018年の「確率」の問題を解いて、答え合わせをする
⇒2017年の「確率」の問題を解いて、答え合わせ
⇒2016年の、、、

というふうに過去問を進めていけばいいのです。

 

皆さんの中には、試験本番と同じように、

2018年の数学ⅠA全分野を解いて、答え合わせをする
⇒2017年の全分野、、

というふうに過去問を解いている人がいるかもしれません。
(私おススメの解き方がタテ解きなら、こちらはヨコ解きですね)

 

試験本番の感覚をつかむためにも、

1,2年分は、このヨコ解きが必要です。

 

しかし、ヨコ解きでは効率よく苦手をつぶせません。

ほかの分野の勉強をしている間に、前に解いた問題を忘れてしまい、

定着が遅れてしまいます。

 

②カンニングペーパーをつくる

いやいや、これは不正行為だろと思ったあなた、

甘いです!

 

バレなければいいんです!

もちろんウソですよ

 

カンニングペーパーは、試験直前の復習に使います。

カンニングペーパーって、それを見たら点数が上がる紙なんですよね。

 

じゃあ、逆にカンニングペーパーの内容を覚えてしまえば、

点数があがるってことですよね!!

 

過去問を解きながら、これは覚えておきたい!と思ったことを、

カンニングペーパーにメモしましょう。

 

そして、試験本番までに覚えてしまいましょう!

 

ちなみに、このカンニングペーパー勉強法は、オリエンタルラジオの中田さんがTVで言っていたものです。

当時受験生だった僕は、これを実践してセンター試験で高得点(9割オーバー)をとることができました。

しかし、なんで受験生なのにTV観てたんだろ。。

 

③満点をとろうとしない

これも一見矛盾しているように感じるかもしれません。

しかし、センター試験で全教科満点を取る人なんていません!!

 

そして、満点じゃなくたって、志望校には合格できます。

 

一番ダメなのは、満点をとろうとしてマニアックなことばかり勉強することです。

 

僕の高校時代の友達も、日本史の教科書に出てくる、仏像の名前ばかり暗記して受験に失敗していました。

(その友達はきちんと反省をいかし、1年の浪人の末、志望校に合格しましたが)

 

過去問をやっていて、この問題は難しすぎるって問題もあるかと思いますが、

自分の目標とする点数の範囲内なら、捨てるのも戦略です。

 

僕の場合は、

英語の発音問題、一部の文法問題
現代文
日本史のマニアックな文化史の問題

などは、ある程度間違えてもしょうがないというルールを決めていました。

 

 

いかがでしたか?

センター試験必勝の3つの法則で、ぜひ合格を勝ち取ってくださいね。

 

高1、高2の皆さんも、来年のセンター試験に向けて頑張っていきましょう!!

メッドエースでは、1年中、無料体験を実施しています!

ぜひ有効活用してください。