センター試験講評 数学2B

こんばんは!メッドエース恵美です。
受験生のみなさん、センター試験お疲れさまでした!!!

前回に続き、今年のセンター試験を振り返っていきましょう!

各予備校が解答速報を出していますが、ここメッドエースのブログでは、より皆さんに気軽に読んでいただけるような講評をしていきたいと思います。
来年受験生の方だけでなく、センター試験を受け終えた受験生の方も、その他の方も気軽に読んでください!5分で読めると思います!是非!

さて、今日は数学2Bです。

設問形式に大きな変化はありません。数学1Aとともにここ数年は数学の出題形式・出題分野・出題順は統一されているので、皆さんの勉強が直結するような試験になっていますね。

また、今回は受験生の少ない「大問5 確率分布と統計的な推測」の講評は割愛させて頂きます。

大問1
[1]三角関数

前半部分は三角関数の式の値、2倍角の公式、三角関数の合成と平易な問題が続いています。三角関数は公式が多くて大変ですね。先生によっては公式をその場で作れという人もいますが、センター試験に関してはそんなことをしている時間はありません!2倍角の公式までは確実に暗記してください!

後半は三角関数の角度の評価の問題です。三角関数が苦手な人は特にここが弱いですね。単位円を描いて日頃から練習しておきましょう!

[2]指数関数・対数関数

指数関数・対数関数は、何故か苦手意識を持っている人が多いですが、問題の内容は毎回ワンパターンで決して難しいものではありません!関数の問題と不等式の問題が頻出ですので、この2つはしっかり押さえて下さい。領域との複合問題も稀に出題されていますので注意しましょう。
まずは対数の問題です。真数条件の確認は二次試験でも必須ですので、対数を見たら進数を見よ!を忘れずにいきましょう。底の変換公式も基本事項です。
後半は文字の置き換えです!文字を置き換えたら範囲の確認を忘れずに!これも二次試験に活かせます。問題としては皆さんもしっかり演習済みかと思いますので、落ち着いて解けるといいですね。

大問2 微分法・積分法

数学2Bで最も重たい単元です。配点も30点ありますので、しっかり演習して臨みたいですね!
まずは微分法です。積分法に比べると計算量が少ないので、確実に得点したいですね!とにかく微分の問題は計算ミスに注意して下さい。最初の微分で間違えてしまうとその後の問題が解けなくなってしまいます。それに対して積分法は計算量が多いので、最後までいけないと思ったら次の問題に移りましょう!
(1)は極値の問題で、落ち着いて解ければ問題ありません。(2)からは積分も混じってきますが、今年は例年と比べて積分の計算は簡単です。(3)は例年と少し様子が違いますね。因数定理に気づくことができたかがポイントになりました!やはり最後の方は計算自体は煩雑になってきますね。

大問3 数列

今年最も難しい設問だったと思います。前半から和の問題が出てきており、嫌な感じですね。とはいえ、(1)(2)は基本的な内容なのでしっかり得点したいところ。(3)は少々誘導に乗りにくく、漸化式の扱いに慣れていないと厳しいでしょう。近年、漸化式の問題はかなり難化してきていますので、難しい問題にもチャレンジしてみて下さい!

大問4 ベクトル

久し振りに空間ベクトルが出題されました。内容は知っている人と知らない人でかなり差がつくものでしたね。垂線を下ろして体積を求める問題は二次試験でも頻出です。しっかり復習しましょう。

いかがだったでしょうか!?
今年の数学2Bは個人的に易化したのかなぁと思います。数列以外は標準的な内容で是非完答して欲しいところですね!
毎年鬼門となるこの科目は今年は果たしてどうだったのでしょうか。。。!?

最後まで読んで頂いた方、本当にありがとうございます!