物理のすすめ ①力学の基本

こんばんは。メッドエースの恵美です。

みなさん、物理は得意ですか?
高校に入ってから苦手意識を持つ科目と言えば物理ですよね!
今日は物理の中の基礎となる力学の話をします。

 

物理は、大きく分けると力学、波動、熱力学、電磁気、原子の5つの分野に分かれます。

この中でもみなさんが初めに習うであろう力学は、どの大学も毎年100%出題する超重要分野です!
さらに、力学の知識は熱力学、電磁気、原子の分野で必要不可欠なので、ここでつまずいてしまうと他の分野が全く理解できません。

苦手な人は早く克服を、得意な人はより高みを目指しましょう!

 

力学は、

ある物体にかかる力」について考える学問です。

これを忘れないでください!!!
なので、力学の問題は図にある物体にかかる力をすべて「図示」するところから始まります。

しかし、生徒さんの答案を拝見すると、図に全く書き込みが無いものが目立ちます。

単純な問題だと、物体にかかる力は2-3種類なので暗算も可能かもしれませんが、二次試験レベルの複雑な問題になると、物体にかかる力の数も増えてきます。これには暗算では対応できませんね。

 

また、力を図示するときに物体にかかる力を「もれなく全て」図示することが肝心です!

ある力を図示することを忘れてしまうと、運動方程式も違う式になってしまいます。気をつけて下さい!

 

今日のポイントは、

力学の問題はまず力を図示

すべての力をもれなく図示

の2つです!

難しい問題になればなるほど役に立つので、是非基本を大事にして下さい