テスト前は学習計画を立てましょう!

お疲れ様です、講師の鈴木です!

4月も中盤にさしかかり、夢の10連休が近づいてきましたね!

皆さんは休みの間何をして過ごすのでしょうか・・・

私はこの休みを使って東京の友達の家に遊びに行こうと考えているのですが、

現在お金が無くて必死にバイトをしております(涙)


中高生の皆さんも10連休を楽しみにしていると思いますが、

遊んでばかりではいけませんよね……

そう、10連休が終わったら一学期の中間テストがあるからです!!

中間テストがあるのはもちろん知ってるけど、休みが続くと勉強する気が起きなくなってしまう・・・そんな学生の方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の私のブログでは、

テスト前の学習計画の立て方

についてアドバイスしていこうと思います!

自慢をはさんでしまい申し訳ないのですが、私は学習計画を立てて勉強していたおかげで

中高6年間の定期テストで6番以下の成績をとったことがありません!!

中学一年生の時に懇切丁寧に学習計画の立て方を教えてくれたA先生には、本当に感謝してもしきれないですね(笑)

さて、それでは早速学習計画の立て方について書いていきますね!

私は中高生の時、定期テストの10日前くらいから学習計画を立てていたのですが、

いつも以下の手順で学習計画表を作成していました。

①日にちごとに、どれくらい勉強時間が確保できるか計算する

きちんとした学習計画を立てるためには、テストまでにどれくらいの時間勉強できるか把握しておく必要があります。

時間がわかれば自分は残りこれだけしか勉強できないとわかり、緊張感をもってテスト勉強に臨むことができます。

ここで大事なことが一つ。

この確保できる時間は、できるだけ余裕をもって設定してください

あまりにきつきつの勉強スケジュールでは、こなせなかった分を何度も後回しにしてしまい、結果的に学習計画のとおりに勉強ができなくなってしまうことが多いからです。

もしその日に3時間勉強ができそうであれば、学習計画に組み込むのは2時間分くらいで十分でしょう。

計画通りに勉強が進み時間が余ったらのんびり休憩するでもよし、次の日の勉強をするでもよし・・・

無理なくスケジュールを組むことで、時間にとらわれずに勉強することが出来ますよ!

②各教科ごとに、何時間ずつ勉強するか決める

全部でどれくらい勉強できるかわかったら、次は各教科に時間を振り分けてあげましょう!

時間の割り振りは他人のものを参考にせず、できるだけ自分一人でやってください。

「自分の苦手な数学や物理はたくさん勉強しておきたい」

「私は数学が得意だから、英語や社会に時間を割こう」

など、人によって考え方が異なりますので自分の好きなように割り振ってくださいね!

あとここでも注意点が一つ。

いくら自分の得意科目と言っても、まったく勉強時間をとらないで計画を立てるのはやめましょう。

せっかく学習計画を立てるのですから、まんべんなく勉強ができるように調整してください!

③日にちごとに、どの教科を何時間勉強するか決める!

各教科の勉強時間が決まったら、その日ごとの勉強スケジュールを作成してください!

「この日は物理の授業があるから復習がてら2時間勉強しよう」

「ここはまとまった時間が取れるから数学を4時間やろう」

など、平日の授業や確保できる時間をうまく活かしてくださいね。

ワンポイントアドバイスしておくと、

テスト前日の最後の数時間は「フリー時間」として確保しておくこと

をおススメします。

こうしておくことで不安な科目が余分に勉強できたり、

計画通りに勉強できたなら空き時間の分その日は早く寝たりリフレッシュしたりしても良いでしょう。

先ほども言いましたが、学習計画は時間的に余裕をもって作成するのが大事です。

無茶苦茶な計画をたててかえって勉強ができない、なんてことがないようにしてくださいね!!!

いかがでしたか?

学習計画は、慣れないうちは作成にどうしても時間がかかってしまいますが、

時間をかけた分納得できる勉強ができるはずです。

上記のようなやり方ではなくてもいいので、是非一度自分で学習計画を立ててみてくださいね!