おすすめの医療マンガを紹介します!

こんばんは、スタッフの恵美です。
今日は息抜きとして僕のおすすめのマンガを紹介します!

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
原作:草水敏 漫画:恵三郎 講談社

2016年にTOKIOの長瀬智也さん主演でドラマ化されたことでも有名な作品です。

医療マンガや医療ドラマというと、天才外科医が華麗に手術をするようなシーンを想像すると思います。

しかし!このマンガの主人公である岸先生は、顕微鏡を武器に戦います!

岸先生は「病理医」という職業で、患者さんを直接診るのではなく、検査で採取した細胞や組織、あるいは手術で切除した検体を顕微鏡で観察して診断をします。例えば、がんの疑いのある患者さんの検査で、最終的にがんと確定診断することができるのは病理医だけです。

また、亡くなった患者さんの死因を特定するために解剖をすることもあります。これを病理解剖といいます。

つまり、患者さんの病名を診断するということにおいて、病院全体の全診療科を支えているのが病理医です。

世間では知らない人が多いですが、アメリカなどではDoctor’s Doctorと呼ばれ、すべての医師から頼りにされているプロフェッショナルです!

フラジャイルは、岸先生が病理診断や病理解剖によって、現代医療の問題に立ち向かっていく物語です。治験や遺伝子カウンセリングなど、最近のトピックスも取り上げられているのでかなりリアリティのあるストーリーになっています。

病理医の仕事はとても難しいですが、マンガの内容自体は分かりやすいように書かれているので安心してください!

おすすめの医療マンガを紹介します!” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 後悔していること – メッドエース| 家庭教師 × 名大医学部

ただいまコメントは受け付けていません。