ウイルスって?

こんばんは。メッドエースの恵美です。

今話題となっているコロナウイルス
ただ、SNSなどのメディアによって間違った情報が流れていることもあるので注意して下さい!
今回は、そもそもウィルスって何?という話と、手洗いと消毒ついて簡単にお話ししたいと思います。

皆さん、「細菌とウイルスの違いは何でしょう?」と聞かれたらどう答えますか?
「大きさが違う!」
「ウイルスは自分で増えることができない!」
確かにどちらも正解かもしれません。
ただ、大きさは定義としては曖昧で、マイコプラズマなど細菌の中でもかなり小さいものもあります。リケッチアやクラミジアのように単独では増殖できない細菌も存在します。

では、どうやって区別したらいいのでしょうか?

答えは「構造」です。

細菌は、遺伝子情報を担うDNAを含む核、タンパク質の合成に関わるリボソームなどの細胞小器官を備えた細胞質を細胞膜が包んだ構造となっています。
つまり、本質的に人間を構成している細胞と同じ形をしています。 これに加えて、細菌に特徴的な鞭毛(運動機能)、線毛(接着や生殖機能)、莢膜(防御機能)、細胞壁などの構造を有しています。
これらは個々の細菌によって異なります。

一方、ウイルスは遺伝子情報を有するDNAまたはRNAが、カプシドと呼ばれるタンパク質でできた殻に覆われているというシンプルな構造となっています。
細胞小器官は存在していません。なので、増殖のために他の細胞の力を借りる(感染する)必要があります
その他、カプシドの外側にエンベロープと呼ばれる膜をもつウイルスも存在します。

このエンベロープの有無によって、皆さんが日頃行なっているエタノール消毒が効くのかどうかが変わってきます。例えば、インフルエンザウイルスなどエンベロープをもつウイルスには消毒液が効果的です。対して、ノロウイルスなどエンベロープをもたないウイルスにはあまり効果はありません。 手洗いに関しては、洗い流すことでウイルスや細菌の「数」を減らすということで大変効果的です。

皆さん、しっかりと予防をしてインフルエンザやコロナから身を守りましょう!

ウイルスって?” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 新受験生へ – メッドエース| 家庭教師 × 名大医学部

ただいまコメントは受け付けていません。