新受験生へ

こんにちは!

教務の加藤です。

現在、コロナウイルス感染症(COVID19)の感染拡大が懸念されています。

みなさんも、くれぐれもお気をつけください。

私加藤も、不要不急の外出を極力控え、手洗いうがい、手指消毒に努めています。

興味のあるかたは、ウイルスに関するこちらのブログも読んでみてくださいね。

今週は、ちょうど国公立前期試験の真っ最中ですね。

受験生の皆さんの健闘をお祈りするばかりです。

高2の皆さんは、受験まで、あと1年を切って、気合十分かと思います。

今日は、そんな新受験生の皆さんに3つアドバイスしたいと思います。

①1年の計画をたてよう

ざっくりで大丈夫なので、合格へのイメージをたてましょう。

夏までに模試で偏差値〇〇をとる!

校内模試までに、数学のチャートを完璧にする!

などでも大丈夫です。

大切なのは、合格から逆算すること!

1年後に合格するために、いつまでに何が必要なのか考えてみましょう。

もちろん、迷ってしまったら、いつでもメッドエースに相談してみてくださいね。

②勉強時間を延ばす

部活などが終わって、勉強時間が確保できるようになった方も多いかもしれません。

しかし、なんとなく長時間集中できていないなあという方も意外といるのではないでしょうか?

人間、いきなり長時間集中するのは難しいです。

自分なりに長時間集中できる方法を、早めにみつけ、勉強サイクルをつくることが大切です。

私は、3時間ごとの学習タイムテーブルをつくって、長時間集中を実現していました。

③基礎を大切に

受験生になったんだから、難しい問題も解けるようにならないと、、、と思っているあなた!

ちょっと待ってください。

基礎をおろそかにしてはいけません。

基礎がわかっていないと、入試の過去問を解いても、解説を読んでも、なにも診に付きません。

夏まで、基礎中心の勉強でもいいと、私個人は思っています。

具体的には、数学の青チャートの応用例題レベルまでが、受験で言う基礎です。

問題集でが、正答率5割くらいのレベルをやるのがよいでしょう。

受験で大切なのは、誰も解けない難問を解くことではなく、合格者が解けている問題を確実に解いていくことです。

受験生になった途端、テンションがあがって、難問ばかり解いている人をときどきみかけますが、ナンセンスです。

いかがでしたか?

メッドエースでは、いつでも皆さまからのご相談をお待ちしています。

(お問い合わせはこちらから