暗記は書いて覚えるな!

お疲れ様です、講師鈴木です。

今回は皆さんに、暗記の方法について話していこうと思います。

といっても、暗記する方法なんて基本的に

「書いて覚える」

「暗唱して覚える」

の2パターンしかありませんよね(笑)


なのでこのブログではどちらがより効率的に暗記できるかについてお話ししていきます。


結論から言いますと、

より効率よく覚えられるのは「暗唱型」ですね。

なんとなく書いて覚えた方が覚えやすいのにな~と思っている方も多いはず。

まあ理由はいたってシンプルで、

暗唱型は書いて覚える方法よりも時間が短くできるからなんです。

考えてみてください。

一回英単語を書くのに5秒かかるとします。

それを同じ時間で暗唱するとしたら何回読むことが出来るでしょうか?

多分3~5回くらいは暗唱することができますよね?

もちろん一回当たりのパフォーマンスは書いて覚える方法よりも落ちてしまうかもしれませんが、

同じ時間を使って3回4回と暗唱することができるなら、確実にこっちの方が覚えやすいと思いませんか?

もちろん英単語帳を作るとか、スペルの確認で書くのはとても大事なことですので、
是非やってほしいと思います。

ただ今回皆さんに理解していただきたいのは、

より記憶に定着しやすいのは「1回書く」より「3回暗唱する」ことだということです。

近々英単語テストや理科社会の暗記テストが控えている皆さん。

是非効率のいい方法で勉強に励んでくださいね。

暗記は書いて覚えるな!” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ㊙!!合格するノート! – メッドエース| 家庭教師 × 名大医学部

ただいまコメントは受け付けていません。