後悔していること

こんにちは!

教務の加藤です。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)で、世の中大変なことになっています。

みなさんも、いろいろなイベントがなくなったり、外出を控えたりされていることかと思います。

今後も、手洗いうがい、手指消毒、人混みを避ける、最新情報のチェックなど、できることを確実に行っていきましょう!

さて今回は、タイトルにもある通り、私が後悔していることについて書きたいと思います。

自分の高校時代は、環境にも恵まれ、楽しく、充実していました。

しかし、そんな中でも、唯一、やっておけばよかったと後悔していることがあります。

それは、本を読むことです。

学校の図書館には、魅力的な小説、最新の情報の雑誌、興味をそそる専門書、聞いたこともない単語がタイトルになっている本など、たくさんの本がありました。

しかし私は、勉強や部活を言い訳に、ほとんど図書館の本を手に取りませんでした。

本は、読んで面白いだけでなく、

様々な知識、価値観、考え方を与えてくれます。

私もそうですが、

中高生のみなさんには、無限の可能性が眠っていると思います。

その可能性にアクセスするきっかけを、本は与えてくれるはずです。

真面目に読まなくていい

これは、高校の先生に言われた言葉です。

本を一冊読んで、少しでも学んだこと、感じたことがあれば、それだけで儲けものです。

なので、硬くならず、パラパラ読んだっていいんです。

最初から読もうが、後ろから読もうが、興味のある箇所だけつまもうが、読者の勝手です。

まずは、気楽に本を手にとってみてはいかがでしょうか。

おススメの本

「竜馬がゆく」 司馬遼太郎著

私が高校時代に唯一通読したシリーズ本です。

全8巻ありますが、面白いので、一気に読めます。

坂本龍馬の一生を独特の史観で書き上げています。

「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 」

これは漫画です。

僕はドラマ化されたものをTVで見ていました。

惠美先生のブログでおススメされていたので、みなさんも読んでみては?

「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365(文響社)」

これも惠美先生の受け売りです。

僕も立ち読みしたことがあります。ジャンルが多岐にわたっていて、面白かったです。

書評は、惠美先生のブログを読んでください。

僕が惠美先生のブログをこんなに推す理由は、惠美先生がとっても賢い人だからです。

「トビタテ!世界へ」

これは最近、私が読んだ本です。

留学に関することが、様々な実体験を交えて書かれています。

全国の中高生に読んでもらうべく、クラウドファンディングもされていたみたいです。(詳しくはこちら

電子書籍版もあるみたいなので、コロナで家に籠るにはピッタリですね。

まとめ

今できることは、今しかできない!!

惠美先生に興味を持った方は、

ぜひこちらからお問い合わせください。