私たちが勉強する意味とは。私たちは何故勉強するのか。

こんにちは!講師の大人(オオヒト)です。

学生の皆さんは、コロナウイルスの影響で、自宅学習を余儀なくされてそろそろ勉強に対するモチベーションが下がり始めている人も多いのではないでしょうか。

明確な目標があってもなかなか自分を律するのは難しいですよね。目標が見つからないまま勉強をしている人はなお一層苦痛だろうと思います。

この記事がそんな皆さんの細やかな勉強のモチベーションになれば幸いです。

突然ですが、僕たちは一体何故勉強をしているのでしょう?

・・・将来のため。・・・夢を叶えるため。
では、明確な夢がない人は?プロスポーツ選手を目指している人は?
その答えは分からなくても周りはみんな勉強をしているし、先生や両親は勉強しなさいと言ってきます。

なら、きっと勉強には何かしらイミがあるんだと考えるのが妥当です。
果たして、その勉強をするイミって何でしょう?

例えば、中学生の時に「因数分解を何十題も解かされて、これが将来何の役に立つんだろう。」なんて考えたことはありませんか?

だって日常生活で因数分解をする機会なんて滅多にありません。極論を言えば、知らなくても生きていけます。そんな役に立ちそうもない知識を学んでいる暇は僕たちにはありません。特に思春期は、毎日が刺激的なことで溢れていますから。

けれども、僕たちは中学校で因数分解を習いますよね。何故でしょう?

思えば僕たちは小学校に入学した時点から、義務教育期間の9年間は、平日には授業があり、毎日のように期限付きの宿題が出され、定期的に学力の定着度を計るテストを受けさせられ、頼んでもいないのに、学力を評価されるという制度に半ば強制的に参加させられているのです。友達と遊びたいのに、最新のゲームを進めたいのに、勉強がそれを邪魔してきます。つくづく厄介な存在です。

では、勉強には悪い面しかないのでしょうか?

それも違いますよね。勉強には良い面もあります。

例えば、学問に面白さを感じて、より詳しく学びたいと思えば、試験を受けて自分の学力に応じた中学・高校・大学に進学することができたり、専門的知識を学ぶために専門学校に進学することもできます。

医師や弁護士になりたい人は、勉強をすること自体がそのまま将来の夢を追いかけていることになります。

勉強に対して真摯に向き合い努力することが、自ら未来を切り開くための手段にもなり得るのです。

僕は、医師を目指しているので医学を学びたくて、中学校を卒業した後も高校、大学へと進学しました。なので、勉強をするイミはいつも「将来の夢を叶えるため」でした。

でも、みんながみんなそうではありません。

将来を見据えて勉強に励んでいる人ばかりではないでしょう。

ということは、「将来の夢を叶えるため」は、きっと勉強のイミ本質ではないのです。その本質とは、一体何なのでしょう。

正直な話をすると、僕にはその答えがまだ正確には分かりません。

しかし、大学生になり、高い自由度を持ち自分であらゆることを選択して生活をする中でその答えらしきものが舞い降りてきました。

では改めて、私たちは何故勉強をするのか?

今の僕が推している答えはこうです。

きっと勉強をするイミは、それを通してこんな力を獲得することなのではないでしょうか。

例えば、

・煩雑な計算式を解く上で身につけた情報処理能力
・理科の実験を通して身につけた洞察力・考察力・創意工夫
・現代文の文章問題で身につけた読解力・表現力・感性
・英語や古典を通して学んだ、異文化・異時代の人の考え方
・テストで好成績を取るために試行錯誤して身につけた計画の立案力及び実行力・遂行力

もっと言えば、

・勉強という嫌なことを辛抱するという忍耐力
・努力が良い結果をもたらすこと
・成功を得るために失敗は必要であること

もっともっと言えば、

・宿題を通して学んだ、義務を果たせば権利や自由が与えられるという社会のルール

僕たちは、勉強を通して、知らず知らずのうちに様々な経験をし様々な力を獲得しているのです。

そして、実際にこれらの経験とそこで得た力が、スポーツで競技力を上達させるために生き、夢を叶えるために生き、誰かの想いを正確に理解するために生き、芸術を見て感動するために生き、間違った情報に惑わされないために生き、重要な選択を間違えないために生き、辛い過去を輝かしい未来に繋げるために生き、より良い人生を構築するために生きるのだと思います。

つまり、因数分解が役に立つのではなく、因数分解を通して身につけた情報処理能力が、この先の将来を作り上げるツールになり、時として武器になるのではないでしょうか。

って、これを言われて勉強できれば苦労せんわって話ですよね。ハハハ・・・。

そういえば、「勉強」って「強いて勉める(=努力する)」って書きますもんね。なかなか気が進まないわけです。

そもそもイミを求めて勉強すること自体間違っていたのかもしれません。

これでは本末転倒????

いえいえ、

もしかしたら勉強をするイミ強いて勉めた先にのみ見つけるモノなのかもしれませんね。