祝!名古屋大学理学部合格!(講師編)

こんにちは!

教務の加藤です。

タイトルにある通り、

メッドエースの生徒さんが、

名古屋大学理学部に合格致しました!!

本当におめでとうございます!!

今回は、直接指導にあたった家庭教師の先生にインタビューしたいと思います。

家庭教師を始めた時期はいつ頃ですか?

生徒さんが、高3の10月から始めました。

直前期からのスタートでした(笑)

物理を中心に教えていたのですが、

どの分野も完成されておらず、

電磁気などの苦手分野は、基本的な解き方もあやふやな様子でした

生徒さんは、どのように家庭教師を活用していたのですか?

生徒さんが持っていた教材を中心に教えていました。

物理は、エッセンス、良問の風。

化学は、重要問題集などを使っていました。

センター対策の参考書なども活用しました。

直前期ということもあり、

週2回くらいのペースで、

お互いの都合が合うときに最大限指導に行くというスタイルでした。

合格に至るまで、困難はありましたか?

生徒さんは、物理の問題を解く際に、

図やグラフを書くを省いてしまう傾向にありました。

図やグラフなどは、基本から丁寧にやってもらうようにした

分野ごとに、方針の立て方を教えた

この2点を指導した結果、徐々に解けるようになっていきました!

合格の決め手は何ですか?

苦手分野の克服です。

物理は、演習量が足りていないと感じたので、

ペースあげて取り組むよう指示しました。

演習の際は、できなかった問題を復習するようにしてもらいました。

その結果、電磁気などの苦手分野を着実につぶすことができました。

指導の際、意識したことはありましたか?

質問をされたときに、すぐに教えるのではなく、

「どういうふうに考えた?」と問いかけ、

生徒さんの考えた方針に沿って、ヒントを出して教えるようにしていました

これから名古屋大学を目指す方へのアドバイス

名大は各教科ごとに頻出範囲、傾向が決まっています。

全体的に苦手をなくすことと、

名大の傾向に合わせた対策が重要です

受験生に向けて

苦手な分野でも、一つ一つ取り組んでいけば、

勉強が好きになると思います!

編集後記

いかがでしたか?

先生の丁寧な指導の様子が伺えました!

特に、

「物理で、図やグラフを書くように指導した」

「ヒントを出しながら教えた」

というところから、先生の指導力の高さを感じました!

もっと話が聞きたい方は、ぜひお問い合わせください!!↓↓

(こちらから)