2020年度 名大医学部合格体験記⑯ -公立生の勉強方針-

こんにちは。公立高校から現役で名大医学部に合格した者です。部活は陸上部に入っていました。今からおもに公立生の方向けに、医学部に入るための高校3年間の勉強方針や、部活・行事との両立についてお話ししたいと思います。

1年生は英数

医学部というのは他学部よりも私立生、浪人生の割合がかなり高い学部なので、その人たちに遅れを取らないために勉強を出来る限り早く進める必要があります。

しかし中学のように全科目やる必要はなく、1年のうちは英語と数学(余裕があれば国語も)だけやればいいと思います。

この2科目が急には伸びない、積み上げの科目だということも理由ではありますが、理科をやるのに数学の知識が必要だということがいちばんの理由です。

生物は取っていないので分かりませんが、物理では三角関数や微積、化学では対数関数や指数関数と、たくさんの数学の知識を使います。理科で先にやって数学でもう一度学び直すのは二度手間なので、先に数学をマスターしておきましょう。

僕は理科をやらない代わりに、英数はしっかりやりました。目標としては、1年で数3を定期テストレベルまで終わらせること、センター英語160点をお勧めします。

2年生は理科

2年から理科を始めましたが、部活と文化祭で忙しく、本格的に始めたのは部活を引退した3年の5月からでした。

しかしそれまでに英数は受験で太刀打ちできるレベルまで伸びていたので、夏休みが終わるまではほとんど理科ばかりやり、夏休みは1日8〜9時間を理科に費しました。(なお、そのツケが秋以降に回ってきて、夏休み明け最初の模試で数学の点数がひどいことになったので、これはあまりお勧めできないかもしれません。

2年生の皆さんは今のうちから早めに理科をやっておくのをお勧めします。笑)

3年の夏以降

夏休み明けからは下がってしまった数学と、まだ不安が残っていた理科を重点的にやりました。たくさんの大学の過去問をひたすら漁って解いていました

英語はやらなくても出来る人とやらないと出来ない人がいると思いますが、僕はやらないと出来ない人だったので1日1問長文を解いていました。(やらなくても出来る人はやらなくていいと思います。数理になるべく時間をかけた方がいいです。)

そして12月からはセンターに向けて勉強です。センターを侮ってはいけません。名大医学部に入るには9割が大体ボーダーですが、意外と9割いかないので対策は早めにすることをお勧めします。

入試本番

最後に入試前日。ほぼ寝れないと思った方がいいです。めっちゃ焦るし緊張します。でも落ち着いて、最後まで全力で立ち向かってください。意外と模試でも取れなかった点数が取れたりするものです。 僕の勉強方針があっているかどうか分かりませんが、皆さんのお役に立てたら幸いです。皆さんの合格を心より祈っています。

編集者コメント

とても分かりやすい体験記を書いていただきありがとうございます。

1年生まで英語数学をやり、2年生から理科をやるというのはいろいろなところでおススメされている計画ですね。

基準としては体験記には1年で数3を定期テストレベルまで、英語はセンター160点とありますが、これを達成できればかなり進んでいると思います。

これが出来なくても、学校の進度に従って青チャートなどをしっかり解けるようにする、ターゲット1900などのセンターレベルの単語帳と文法を1年生までに覚える、この辺りは目指してみましょう!

理科は2年生の内にどちらか一方は履修し、3年生の夏休み前に残った教科の履修を終えていると夏休みとそれ以降演習が多くできて有利なので、基準の参考にしてみてください。