2021年 名大医学部合格体験記⑥ -予備校、参考書について-

私は名古屋大学医学部医学科に合格し令和3年4月1日に入学することになりました。他には防衛医科大学に受かりました。部活では高校時代に東海大会に出場しました。

河合塾について

私が合格できたのは河合塾のおかげだと思っています。河合塾では自分のレベルにあった高いレベルの授業と質の良い配布プリントと質の高いテキストでそれを何回も復習することで自分の実力を飛躍的に上げることができました。

東進について

僕は浪人していて、現役時代は東進衛生予備校に通っていたのですが東進は東大志望で東大に行けそうな人には東大の授業を無料で受けさせたりと学力による差別が激しい上にその講座代が他の塾生が負担しているようなものでした。さらに、東進衛生予備校はチェーン経営のためチューターは自分の営業成績を上げるために新しく高い講座をたくさん取らせようとしてくるのでお勧めできません。

しかし、河合塾の浪人では、コースで全ての授業を基礎から応用まで対面授業で映像よりも集中もでき、理解度も高くなるかなり質の高い授業を受けることができました。行くなら河合や駿台などの対面授業の大手予備校にするべきです。現役時代は東進のせいで落ちたと言っても過言ではありません。

参考書は最低2周する

合格に直結したことといえば塾のテキストや参考書は同じものを最低2週はして間違えた問題は特に何度もすることです。新しいのをやらずに同じ問題でその問題の答えを頭から引き出す速度を高めることでテストで特に重要な時間が足りないという問題をクリアすることができます。

各教科参考書など

難しい問題はとかなくても合格点には余裕で届くので余裕がなければ基礎で終わってもいいと思います。また、英語で特に役に立ったと思うのは、英文読解の透視図な有名な参考書で有名なものはどれも役に立つので本屋で立ち読みして好きな感じなやつを選んで使えばいいと思います。

ただし買ってから違うものを買うのはやめた方がいいと思います。物理は難系をやってましたがやる必要はなかったです、東大理III、京医などを目指さなければやる必要はないと思います。

化学は標準問題精講や化学の新演習はかなりいいと思います。特に化学の新演習はみんなやってるのでやらないと差がつけられるかもしれないので一応やった方がいい気がします。

後輩に伝えたいこと

後輩に伝えたいことは、寝る時間を減らして頑張ったとしても起きてる時の頭の冴えや、記憶力の低下などで余計に効率が悪くなることもある人も多い気がするのでしっかりとねた方がいいと思います。寝なくても良い人はそのまま頑張ってもいいと思います。